スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付けばサボタージュ

 2週間も更新をさぼってもうた。。。

 近況報告くらいしかできませんので、そうさせてもらいます。


・社会人生活

 深夜手当だけでなく、早朝手当に休日手当もつき始めました。生活の中心はほぼ会社です。会社のワンコちゃんから会社の犬へと進化しつつあります。来年には社畜の称号を獲得しているのではないでしょうか。有給休暇を使って沖縄に旅行している同期がうらやましいです。僕も有給休暇を使いたいのですが、ちょっと行使できる雰囲気ではないです。。。


・私生活

 というわけで、最近は出社→帰宅→風呂→インターネット→就寝というサイクルを淡々とこなしているため、基本的に変わったことはありません。遊びといってもときたま麻雀に誘ってもらうくらいで、マイブームなども特にありませんし、もっぱら仕事を中心とした生活を送っています。おかげさまで現時点で先月の残業時間と同じ労働時間を記録しました。残業すればいいというものではないことはわかっていますし、どちらかというと早く帰ってゆっくりしたいと思っているのですが、なかなかうまくいきません。

 そうなると必然的に22時台後半、23時台の電車で帰宅することになるのですが、なぜか知りませんがそういうときはラブプラスを遊んでいるおじさまがたに割とよく遭遇します。その時間になると電車が空いており、座っている人はうとうとしている人が多いからか、堂々と凛子仕様のDSを取り出し、溢れる笑みを隠しきれない表情でラブプラスを楽しんでいらっしゃいます。世間的には知りませんが、もちろん個人的には咎めるつもりなど毛頭ございません。むしろ車内でイチャイチャしているカップルよりも遥かに「お幸せに」と心から思えます。

 ちなみに一度ブックカバーにDSをいれて縦持ちを誤魔化そうとしている人を見かけましたが、僕が隣の席に座っていなければ間違いなくわからなかったと思います。なるほどその手があったかと感心すると同時に、そこまで隠したいならわざわざ持ってこなくてもいいんじゃないかとも思いましたが、迷った末に公共の場で読書を装ってまでデートにこぎつける彼の決断ッ!僕は敬意を表するッ!


・FF13

 とりあえずクリアしました。以下、個人的な評価をざっとつけてみました。

ストーリー ★☆☆☆☆
映像 ★★★★★
システム ★★★★☆
バランス ★★★★☆
キャラクター ★☆☆☆☆

・ストーリー

 とにかくストーリーの設定が中二病まっしぐら。最後まで意味不明でした。その割に話の内容はあまりにも薄っぺらく、登場するキャラクターも中二病な奴らばかり。最初から最後までひどすぎました。ここまでくると「いかにつまらないストーリーをつくるか」ということに主眼を置いたんじゃないかとすら思えてきます。FF6のケフカとかFF9のクジャのような狂った敵キャラくらい出せばまったく違ったんじゃないかと思うのですが……

・映像

 綺麗。映像だけは素晴らしい。特に文句なし。

・システム

 基本的に物理攻撃ゴリ押し+ときたまの回復魔法だけでなんとかなるのが近年のFFでしたが、今作では3人パーティーしか組めず、さらに敵のHPがこれまでになく高い+攻撃力も防御力も高い+こちらのリーダーが死んだらゲームオーバーと、戦闘の難易度が上がっていました。当初は○ボタン連打で戦闘が終了していたので、一本道マップとあわせて「なんたるゆとりゲー」と思っていましたが、終盤は作戦を逐一切り替えなければ即全滅という、終始気の抜けない戦闘が続くため、戦闘自体は楽しめました。

 ただ、ラスボスだけは完全に拍子抜けでした。友人が以前「ラスボスに二日かかった」と言っていたのでどれほど強いんだろうと思っていましたがおそろしくザコで、それまでに何度も行く手を阻んだザコキャラのほうが遥かに厄介でした。そんなラスボスに苦戦した友人は一体どんな戦いを挑んだのでしょう。普通にやっていれば苦戦しようがなかったと思うのですが…

・バランス

 やや敵の能力が高すぎる感が否めませんし、リーダーが死んだ時点でゲームオーバーというのはどうなんだと思いますが、基本的には良かったと思います。敵の強さのバランスもそうですが、個人的に評価したいのは戦闘時にチョイスする行動のバランスです。基本的にFFというシリーズは、物理攻撃のゴリ押しでほとんどの敵を倒せてしまうことが多いのですが、今作では魔法を使わないと戦闘にならない敵が多く、魔法と攻撃の使い分け、それに回復を含めると、非常に良くバランスが設定されていたと思います。

・キャラクター

 悪い意味で個性のないキャラクターしかいませんでした。


 要するに脚本書いた奴とひどい中二病設定を考えた奴はクビになってくれということです。お前のことだぞ野村。


・お金が消えていく

 社会人になってからというもの、付き合いが増えたために出費も増えるようになりました。一年目の仕事として幹事をすることが増えたため、送別会の主賓に記念品を贈呈するなどで、後から戻ってくるとはいえ出費が重なっています。給料日になれば給料が入ってくるから買ってしまえと思うこともないわけではありません。これはいかん兆候です。いつか歯止めがきかなくなることを自分で心配しています。先日もDVD「ターンAガンダム」13巻セットが14,000円で売られていたため、ただでさえ置くところがないのに、衝動を抑えきれず買ってしまいました。よしなに。ガンダムの知識がなくても楽しめるはずですので、皆さんも機会があったら見てくださいね。


 宣伝で終わるうえにオチもなくまとまってもいませんが、とりあえずこれにて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ebu

Author:ebu
いつの間にか新社会人になってしまった第一期ゆとり世代でオタク。既に自らの死因はストレスか過労だろうと思っているが、少なくともヱヴァンゲリヲン新劇場版を見届けるまでは死なないことを目標にしている。

Twitter
Calender
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Latest Entries
Categories
Archives
Counter
Latest Comments
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。